原因は鳩だった

昔から恋愛体質なのかわたしはわりと惚れっぽい。

若かりし頃は、犬も歩けば棒に当たるが如くわたしは歩けば恋に落ちていた。


これは高校生の時の話である。

入学して2、3日しかたっていない高校生活。たしか集会か何かで全校生徒が校庭に集められた時のことだったと思う。

集会が終わって校庭から教室に戻ろうとした時、下駄箱の出入り口の段差のところでワイシャツとズボンをだらしなく着たガラの悪い先輩が5人くらいでタムロしていた。

(あの人.....めっちゃかっこいい!)

そのうちの1人の先輩にわたしは一目惚れをした。

彼は亀梨和也をもっとイグアナに似せたような顔をしていた。

ちょっとガラが悪くて亀梨和也とイグアナに似たイケメンの先輩に、わたしは入学して3日でときめいたのだった。

そして入学してすぐに仲良くなった友達のたけちんに教室で報告したのであった。

「ね、ね、ね!たけちん!わたし、見つけた!心のオアシス!」

「心のオアシス笑?」

先輩の名前もわからなかったので、とりあえず亀梨和也とイグアナに似た先輩のことを「オアシス先輩」と呼ぶことにしたのだった(たけちんとわたしの中で)

やさしかった友達のたけちんは、

「さとみこんこん、いたいた!食堂にオアシス先輩いた!」

「さとみこんこん、いたいた!中庭のところにオアシス先輩いた!」

とオアシス先輩を見かけるたびにわたしに報告をしてくれた。そしてわたしはオアシス情報を聞きつける度に、オアシスを求めて一目散に走って見に行ったのだった。

「いた....!今日もかっこいい....」

口に手をあて物陰にかくれながらオアシス先輩を見ては心を潤わせていた。

そんなことを数ヶ月していたのだが、

ある時を境にオアシス情報はピタリと途絶えた。

まったく見かけなくなったのである。

(オアシス先輩最近みかけないな...)

オアシス先輩を見かけないままわたしは高校2年生を迎えることになった。

残念ながら仲の良かったたけちんとはクラスが分かれ、新しい友人達との生活が始まった。

2年生になったばかりの学年集会の時。

その学年集会に何故かオアシス先輩がいたのだった。

「え?あれ、オアシス先輩だよね?なんでいるの!?」

どうやら彼は出席日数が足りず留年となったようだった。

(ラッキー!前よりいっぱい見つめられるじゃん。)

わたしは彼を見てるだけで幸せ♡な割と謙虚な女子高生だったのである。

謙虚に見つめていた成果だろうか。

ある日、食堂で新しい友人3人くらいでごはんを食べていると、オアシス先輩と1つ上のガラの悪い先輩達がとなりの席に着席したのであった。

(オ、オアシス先輩....)

一気に箸が進まなくなってしまった。

固まりながらもなんとかごはんを食べてるわたしに、なんと

「髪、綺麗だね。」

とかなんとか言ってオアシス先輩が話しかけてくれたのだった。

この時わたしは頭が真っ白になってしまい、よく覚えていないのだが、最後に

「ねぇ、番号教えて。」

と言われたのであるキャーーーーーー!

その様子をみてガラの悪い先輩達はニヤニヤしている様子だったが、そんなことも気にする余裕もなく震えながら番号を教え、授業が始まるのでオアシス先輩と別れて教室に移動した。

「連絡するから」

食堂を後にするわたしにオアシス先輩が声をかけ、にっこり笑いかけてくれたのだったキャーーーーーー

オアシス先輩は約束通り連絡をくれ、わたしはオアシス先輩とのメールのやり取りが始まったのであった。

最初はメールだけであったが、仲良くなると、オアシス先輩と放課後に待ち合わせをして一緒に帰ったり、カラオケに行ったり、先輩と一緒にいる時間は増えたていった。

すると留年した怖めな奴とさとみこんこんが一緒に帰っていた!という噂は広まり、

「そうなの?」と友人に聞かれては

「やだーなんで広まっちゃてんの?」(もっと広まれ)

と思ったり、

「付き合ってんの?」と友人に聞かれては

「やだー付き合ってないってば!」(その予定)

と思ったり、非常に楽しい学園ラブロマンスをわたしは送っていたのだった。

ある日の帰り道、今日もオアシス先輩と途中まで一緒に帰っていた。

「俺の仲のいい奴がいて、そいつに誰か紹介したいんだけど、だれか可愛い子いない?」

「あー。わかりました。声かけてみますね。」

オアシス先輩の頼みならなんでも聞きますわたしは従順ですから。の意気込みで、わたしはミッションに挑んだ。

「前に同じクラスだったK子がいいかも。」

背が小さくて色が白くて目がぱっちりしているK子に声をかけてみた。

そしてオアシス先輩の友達にK子を紹介した。

先輩の友達は、すっかりK子を気に入ったようだった。ミッションは成功である。

さらにK子も満更ではなさそうだったので、我々は4人でディズニーランドに行くことになったのであった。

憧れのオアシス先輩と一緒に行ったディズニーランドは、まさに夢の国のようであった。浮かれていたせいかこの時のこともあまりよく覚えていないが、とても楽しかったことだけは覚えている。

そしてK子とオアシス先輩の友達は一緒に行ったディズニーランドの後、お付き合いがスタートしたのであった。

オアシス先輩とわたしはというと、ディズニーランドが終わったら、中間テストの勉強を一緒にしようと約束していた。

ディズニーランドに行く前に、次の土曜日は一緒に勉強するという予定になっていたのだ。が、しかし

「ごめん。土曜日都合が悪くなった」

とメールが入ったのだ。

じゃあいつにする?と返信すると、

「忙しいから無理かも」

との返事。


おかしい。オアシス先輩の様子は明らかに素っ気なくなったのだった。

要は避けられ始めたのだが、乙女心としては信じたくないのが心情。

もう相手がこのようになってしまった時は潔く身をひくのがベストだということは経験上今ではわかる(たぶん)


半年から数年すれば、ヤレそうでヤレなかった ないし ヤラなかった相手というのはふとした瞬間に思い出され連絡をしてみるものだ(わたし調べ)

しかしわたしの知能は待てのできない犬みたいなもんなのでいっぱいメールを送り、「あの時のあなた、戻ってこい」と必死になっていた。

しかし、悲しいかな、わたしは無視をされるようになり、オアシス先輩から避けられるようになった。

気の弱いわたしはたいそう落ち込み、これ以上オアシス先輩に迷惑をかけてはいけないと決め、わたしもオアシス先輩を全力で無視をすることにしたのだった。

その結果我々は高校卒業するまで1度も話をすることはなかった。そして、会話もしないままそれぞれの道へと進んだのだった。

オアシス先輩との学園ラブロマンスの話は以上である。


数年後。

5年以上はたったであろうある日のことである。

成人をとうに超えたわたしは、高校時代の友人 ゆきちゃんと飲んでいた。

そして飲みながら話していると、高校時代の話になったのだった。

「さとみこんこんってさぁ、留年した先輩といい感じだったときがあったよね?」

ゆきちゃんが、オアシス先輩の話を始めたのであった。

「あった!あったのよ、好きだったのに付き合えなかったんだよね。」

「わたしなんで付き合えなかったかしってる。」

ゆきちゃんはニヤニヤしながら言った。

「!!?!!」

「なんで?!なんでゆきちゃんが知ってんの?」

「K子にきいた」

「K子情報!それは信憑性が高いわ!」

「え?なんでなんで?おしえて」

いいよ。

といってゆきちゃんは何故か低い声のトーンでゆっくり話しをはじめた。

「あのさ、ディズニーランド行ったんでしょ?4人で。」

「うん、行った!行った!」

「そのさ、ディズニーランドでさ、さとみこんこんがさ、


鳩を追いかける姿をみて引いたらしいよ。」


「......。」

「は?」

「だから引いたらしいよ。」

「鳩で?」

「うん、鳩。」

「フラれた原因は鳩?」

「そう、鳩。」

「鳩...そう、そうなんだ。」


どうやらミッキーにもミニーにも目もくれずわたしはディズニーランドで鳩を追いかけていたらしい。

覚えていないが今でも鳩がいれば追いかけるのでたぶん熱心に追いかけていたんだと思う。

「で、でもふふっ、わたしは、ディズニーランドで、鳩をふふっ必死に追いかけてるさとみこんこん、ふふふ、可愛いと思うよふふふ」

なぜか笑いをこらえながらゆきちゃんはわたしのことを慰めてくれた。

「ありがとう。わたしもそんな自分は良いと思う。」


高校生の淡い恋は鳩を追いかけた結果、夢の国で消滅したのであった。

鳩を追いかけたことだけが原因な訳じゃないとは思うが、トドメを刺したのはおそらく鳩。鳩は幸せの象徴だったはずだが、わたしは鳩のお陰で不幸になった。

でも。

むしろ嫌われた原因が鳩でよかったのかもしれない。原因は鳩。とわかったことで「けっ、小さい男」と思えたのも事実。やっぱり鳩は幸せの象徴かもしれない。他のことが原因だったらそうは思えなかったかもしれないからだ。

そしてわたしは考えを改めることもなく、今現在も鳩を見かけると走って追いかけている。たぶん一生そうだと思う。


ちなみに、オアシス先輩。

卒業して2年後くらいにメールをくれたのだった。遊ぼうと連絡をくれたのだったが、予定が合わなかったか何かで結局会うことはなかった。

上記のわたし調べのヤレソウでヤラナカッタ奴には連絡する説はあながち間違ってはいないと思う。

最近あの人ったら冷たいわ〜なんて

意中の人が素っ気なくなったと感じたら、是非潔く身を引いて半年ぐらい気長に待ってみてほしい。おすすめする。


ただなかなか有効な手段だと自分では思っているのだが、

本人は鳩でも前を通れば追いかけたくなる狩猟本能が高い点や、待てのできない犬みたいな知能であることから

そんなことができた試しはほとんどないのである。


勘違いした脳

10年間くらい足の小指の爪が生えてこない時期があった。
もうそういうもんなんだろうと思って特に気にしていなかった。足の爪にマニキュアを塗るときはない爪のところを一生懸命にぬって、果たしてこれでいいのだろうか、この塗り具合でいいのだろうかと、ない爪と格闘をしていた。
爪も生えないことも悩みだが、オープントゥのサンダルやパンプスを履くと、やけに足指が空いた隙間から飛び出るという悩みも持っていた。
足の指2本が空いた隙間から飛び出るのだ。飛び出た足の指は、塩抜きをした時のあさりみたいだった。すごい嫌だった。

2つの悩みの原因を自分なりに考えてみると、小指の爪が生えてこないのは先天的異常で、あさりみたいになるのは足指が長いためと結論付けたのである。

ある日、わたしはニューバランスショップを訪れた。
そしてこの日わたしの人生を変える出来事が起きたのであった。

ニューバランスでは店員さんが足の長さを測定し、自分の足にあっているスニーカーをアドバイスするサービスがある。
わたしはこのサービスを何気なく受けたのだった。

わたしは24.5センチの靴を普段履いていた。多分10年以上は24.5センチを履き続けていた。
そして測定の結果

わたしの足は26センチ。男並みの足のサイズということが判明した。
さらに、

「足が変形しかけてますね。足の指が曲がってますよね。豆もすごいですね。このまま小さい靴を履いているともっと変形しますよ?」

店員さんは真顔でわたしの足の現状と今後の予測を伝えてくれた。 
さらに、

「足幅が狭いですね(足囲というらしいです。)足が細い。合う靴が少ないですね。細いからサイズが小さい靴も入ったんでしょうね。」

そういうと、店員さんは離席し、靴を選んで持ってきてくれた。選んでくれたのはニューバランスの990。26センチの男並みにでかい靴が運ばれてきた。

(ほんとでかいな..本当にわたしの足ってこんなでかい?)

試しばきさせてもらったところ、なんとも心地がよくて驚いた。
足が包み込まれるような感じ。みんな靴を履いた時はこのような感触だったのだろうか?

「足が細いサイズってあまりないんですよね、あなたの足には靴紐とかストラップがついたもののがいいと思いますよ。」

オープントゥの靴を履くと指が出てきちゃうんです。」

「それは靴が緩くて足が前に前に動いてしまうからですね。」

なるほど、足の指があさりになる原因がよくわかった。足指が長いのではなく、足幅が狭いことが原因な訳か。

これを機にわたしは26センチないし25.5センチの靴を履くようになった。
スニーカーを見るときはメンズコーナーを見るようになった。時々悲しい気持ちになったりもするが、足のサイズが深田恭子と一緒。と思って自分を勇気づけている。

少しずつ26センチの靴が増えていき、今までお世話になった24.5センチの靴は全て処分をした。

するとである。

数ヶ月すると小指の爪が生えてきたのだ!

「あ!爪が生えてきた!!」

圧迫しすぎて爪が生えてこれなかったようだ。可愛そうな小指の爪。靴のサイズは重要である。

ちなみにオープントゥのあさりはどうなったかというと、オープントゥそのものを選ばなくなったので、靴のサイズが変わってからは試していない。

26センチの靴に履きなれた現在、24.5の靴を履くと足が痛くてとても履けない。
これは脳の錯覚も影響しているらしく、24.5を履き続けていると、脳もそれでいいのだと思い込んで、痛くても気にしなくなるようだ。人間の適応能力はすごいけど、時に恐ろしいものでもある。 


そして、わたしはあることに気づいたのだった。

「足のサイズも実際は1.5センチも大きかったわけなんだから、もしかしたらブラジャーのサイズも、2カップくらい大きいのかもしれない!」

何事も思い込みはよくない。わたしは学ぶ女。
早速伊勢丹新宿のランジェリー売り場に行ってサイズを測ってもらうことにした。
その結果、2カップ上のブラジャーを紹介されたのであった。

「だれだよ貧乳って言った奴は!脳が勘違いしていたじゃないか!」

とにかくわたしは貧乳じゃないということがわかった。伊勢丹新宿店のお墨付きである。

しかし現状は、どうみても貧乳である。

もしかしたらまだ脳が勘違いしているのかもしれない。

早く脳が目覚めてほしい。
そして、2サイズ下のブラジャーをつけた時に「きつっ...。こんなの付けれない。」というセリフを言いたいものである。



エロ店主の着物教室

自分で着物を着ることができたらカッコイイなぁと思い立って、着付け教室に1年くらい熱心に通っていた時期がある。


その教室は、昔スタイリストをしていた女性が立ち上げた着物屋の教室で、プライベートで来店中の萬田久子に遭遇するような洗練された着物屋である。

萬田久子が好んで着るような着物のお店。そう想像していただくと、あぁ、きっと一筋縄ではいかない店だなとぼんやり思っていただけるかと思う。


そして店主がまぁ美人なのである。茶髪と黒の混じった髪の毛を夜会巻きにし、黒縁のザマス眼鏡をかけている。

さらに、江戸時代の浮世絵の着物の着方を参考にしているらしく、着物の衣紋をめちゃめちゃ抜くのだ。調子のいい日だと3分の1くらい背中が見えている。


簡単にいうと、この着物屋の店主はエロイ。


萬田久子もお忍びでやってくる店主がエロイ店。

そんな癖のある着物屋に気の弱いわたしは着付けのレッスンでお世話になることとなった。


初日、ドキドキしながら店へとやってくると、エロイ店主が笑顔で向かえてくれた。相変わらず衣紋はばっくり抜かれ、うなじから背中3分の1が美しく覗く。


(セクシーだな。わたしも着物を着た時に、あれくらい背中を開けることになるのだろうか。)


わたしは、着物教室と並行してうなじと背中の脱毛に通うこととなった。


申し込み用紙に必要事項を書いていると、着付けの講師の先生が、わたしに挨拶に来てくれた。


「はじめまして。どうぞよろしくお願いします。」


記入を止めてふと顔を上げると、


「....壇.....蜜...」


壇蜜のように美しい女性がにこやかに佇んでいた。

黒い長い髪をきちっと束ね、背筋がピンと伸びて華奢な体型。着物の衣紋はほどほどに抜かれていた。

顔のパーツは全て小さめ、ちょっと切れ長な目元がまた寂しげで実に色っぽい。極め付けは京都弁。文句なしのナイスエロ。



エロ店主の店の講師は京都弁の壇蜜。客は萬田久子


なんだこの店は。大人のエロスで溢れているじゃないか。


同じ空間で同じ空気を吸っているだけで自分もエロくなれるのではないだろうか。そんな気がした。


頑張ろう。


わたしは何を頑張るのかよくわからないが、この店で頑張っていこうと心にきめた。


レッスンは完全プライベート制なので、この着物屋では、講師とマンツーマンレッスンで着付けが学べた。


「わたしはずっと京都で着付けの講師をしていたのだけど、3週間前に東京に出てきたの。だから東京の生徒さんはさとみこんこんさんが初めてなんです。がんばろうね。」

壇蜜先生はそう言ってニコッと笑った。


極力標準語で喋ろうとする壇蜜先生。しかしときどき、ぽろっと自然にでてくる京都弁にone more please.

壇蜜先生は本当に魅力的であった。


着物は愚か浴衣も一人で着れなかったわたしは壇蜜先生のご指導のもと、浴衣の着付けから習うことになった。


3ヶ月間バイトをしていただんご屋で、だんごの値段を最後まで覚えることができずに卒業したわたしは、もちろん着付けを覚えるのも一苦労だった。


「ゆっくりやっていきましょう。」


壇蜜先生は劣等生のわたしに優しく呼びかけた。


また壇蜜先生は、所作についてもご指導してくださった。


「さとみこんこんさん、浴衣を羽織る時はガバッと羽織るのではなく、まず右肩に羽織って左肩に羽織る。次に右腕を袖に通して左腕を袖に通す。このように1つ1つの動きを丁寧にした方が、美しいですよ。」


さらに右、左、と袖を通す際に膝を軽く曲げて体をくねくねとくねらせる。壇蜜先生がこうです。とお手本を見せてくれた。


実にセクシー且つエロかった。


人間はくねくねするとエロイんだということを学んだ。


「座った状態から立ち上がるときの動作も、よっこらしょと立ち上がってはだめです。右足から膝を立ててすっすっとたちあがりましょう。」


「着付の他に、所作も同時にお伝えしていきたいと思います。同じことをやるにも、少し動き方を変えるだけで美しく見えますよ。」


一生ついていきます!壇蜜先生!


わたしは3週間に1度のペースで壇蜜先生のお稽古に励んだ。


「さとみこんこんさんは、わたしの東京の最初の生徒さんだから思い入れがあるの。だから綺麗に着物を着れるようにしてあげたいの。」


4回目のレッスンの時に壇蜜先生がわたしに言った。


わたしはとても嬉しかった。わたしも壇蜜先生のように可憐に着物を着て、はんなりした大人な女性になるんだと意気込んでいたので、

がってん!と壇蜜先生の美しいお顔をみて頷いた。

4回目のレッスンでも、相変わらず着物はおろか浴衣も着ることができなかったのだが、壇蜜先生一生ついていきます!の気持ちはより一層強くなったのであった。


そして5回目のレッスンのある日。


約束の時間にエロ店主の着物屋に向かうと、


エロ店主が笑顔で迎えてくれた。


しかし、笑顔のエロ店主からまさかの事実が告げられたのであった。


「さとみこんこんさん。実は、担当の講師なんですけど...都合によりお辞めになられました。」



「?!!?!!?」



え?5回目で辞職?!



え?こないだ言ったあの言葉、思い入れのある生徒だからというあのセリフ....



言ったばかりじゃんか!壇蜜先生!!



「え....!そうですか.....。」



肩を落としてわたしは落ち込んだ。



「急でごめんなさいね。それで、今日からは新しい講師にお願いしてるから。

もともとわたしの知り合いで、とっても教えるのが上手なの。それで、今どの程度までレッスン進んでる?」



「浴衣を習っている途中でした。」



「え?まだ浴衣やってんの?え?今日何回目?5回目でまだ浴衣やってるの?....はぁ....。」


「すみません。わたし物覚えが悪くて。」


「そうじゃないの。お金いただいてるんだからそんなダラダラやらないほうがいいと思うわ。カリキュラムをちゃんと作ってやらなきゃ。浴衣なんて精々2回くらいで終わらせなきゃ。しかもなんでこの季節(当時冬)浴衣の着付けやってるのかしら。」


エロ店主は呆れたという顔でわたしに愚痴っていた。


「今回お願いしている先生は、とにかく自分で着て覚えなさいという先生なの。わたしも同じ考えよ。早く自分で着てお出かけしなきゃ。だからこの季節に浴衣の指導ってのは...。こちらの先生のほうが上達が早いと思うわ。」


「こんにちはー!」


店主がわたしに愚痴っていると、新しい先生がやってきた。



「今日からよろしくお願いしまーす。」


今回の先生は全くエロスを感じなかった。衣紋も拳一個分しか抜きません。そのかわり靴下の重ねばきで体の毒素を抜いてます。というような雰囲気の先生で、実際に靴下を何枚も重ねて履いていた。わかりやすく言うと服部みれい系である。


「ねぇ。みれい先生。浴衣の着付けをやってたみたいなの。どうする?」


エロ店主が困った顔でみれい先生に小声で話しをした。


「あーー浴衣。でも途中で終わらしちゃもったいないですしね。じゃあ今日で浴衣終わらせましょう。じゃ、早速こっち来て。」


みれい先生はわたしのことをテキパキ誘導して、ちゃっちゃとお稽古を始めた。


「ここはそうして、ちょっと!違う!もう一回。」


「次は...そう。そう。それで?....だからこうでしょ!」


「なんでそっちなの、ここ、ここ、これをこうでしょ!」




「はぁーーーーーー!!!」(みれい先生のめちゃめちゃでかいため息)


みれい先生は初っ端から、はんなりとした壇蜜先生と違って強めな姿勢でご指導くださった。



「ゆっくりやりましょう!」


壇蜜先生の笑顔が懐かしい。



みれい先生のスパルタ指導真っ最中でも思い出すのは壇蜜先生だった。



「わたしの思い入れのある生徒さんだから綺麗に着れるようにしてあげたい!」


(だ、壇蜜先生....。)



「美しく見える所作も一緒に教えますからね。」



(だ、壇蜜先生....!)



気づくとわたしは、着付けをしながら泣いていた。


(うぅぅ。。なぜ...壇蜜先生。)



涙が溢れていた。ガチで泣き始めた。



「え!どうしたの!あ、あたしのせい?」


みれい先生は困惑していた。


どうしたの!のみれい先生の声でエロ店主も着付けの部屋に慌てて顔を出した。



「だ!大丈夫?」


「す、すみません....。」



泣きながらわたしは謝った。



アラサーの突然の号泣に2人がドン引きしているのがわかった。



するとエロ店主は、部屋からすっといなくなった。


「ちょっと座ろう。ごめんね。わたしが急いでやりすぎた。」


「違うんです。いろんな感情がちょっと込み上げてしまいまして...お恥ずかしい。」



みれい先生と話をしていると、エロ店主が戻ってきてコップに入ったオレンジジュースをわたしに手渡してくれた。



「ごめんね。急に講師が変更になっちゃったからね....」

エロ店主が言った。


「わたしが厳しく指導しすぎました。」

みれい先生は落ち込んでいるようだった。


「みれい先生は何にも悪くありません〜」

わたしは泣きながらオレンジジュースを飲んでいた。


オレンジジュースを飲み干す頃には気持ちが落ち着き、またみれい先生のご指導が再開された。

わたしが号泣したあとのみれい先生は、相変わらずテンポの速い指導だったが、口調が優しくなった。


みれい先生は宣言通り浴衣の指導をその日に終わらせた。

そして次回からは、着物の着付けの稽古となった。


着物を持っていなかったわたしに、みれい先生は着物を一式貸してくれた。


「返すのはいつでもいいよ。たくさん着て使って。お稽古のあとは着たまま帰ってもらうから。」


みれい先生はとにかく着物を着て、たくさん出かけろとわたしに指導した。


ぐちゃぐちゃでもいい。とにかく着物を着て、電車に乗ったりごはんを食べたり、日常を過ごして、そこからいろんな気づきを感じることが大切だと教えてくれた。そして着物を着て楽しむことが1番大事だと言っていた。


「完璧にやらなくてもいい。まずだいたいの形を作ってから、そこから余計なこと、無駄なことを削ぎ落として理想の形をつくってけばいいと思っている。」


わたしが、ここのシワを取りたい。ここもう少し綺麗にやりたいと言っても、


「今日はまだそこはいい。そこは気にしなくていいから次進みましょう。」


と言われ、少々不満を感じることもあったけど、今思うとそこは二の次三の次の問題で、その時、時間を割いて指導してもらうことではなかったということがわかる。


ちゃんと指導できる人は、全体を見据えて今その人に何が必要かをきちんと導いてくれる人なんだと思う。


壇蜜先生が教えてくれたことで、わたしのやる気がアップしたのも事実だけれど、みれい先生の指導は、わたしが早くひとり立ちして着物を一人で着て出かけられるようサポートしてくれた。


どっちの指導も間違ってはいないと思うけど、目的を達成させるためにわたしにあっていたのは、みれい先生のきびきびした指導だったのかもしれない。そしてわたしが上達するよう、自分の貴重な着物を惜しげなく無期限で貸してくれるみれい先生の方が、言葉だけ優しかった壇蜜先生よりも遥かに優しい。と今は思う。


時間はかかったが、少しずつ着物のアイテムを揃えてみれい先生に着物をお返しすることができた。


ちなみに、萬田久子御用達のエロ店主のお店でしっとりした着物を仕立てたのだ。


「衣紋をわたしくらい抜きたかったら、ここの部分のサイズを変更するけど、どうする?」


「....店主の半分くらいの抜き加減でお願いします。」


人よりちょっと衣紋が抜けるよう、仕立ててもらったのだった。


みれい先生と、ちょっと人より衣紋が抜ける素敵な着物のお陰でわたしは事あるごとに着物を着て出かけていた。フィリピンまで持って行って着るほど着物に熱意を持っていたのだが、去年くらいからブームが過ぎ去り、今年はまだエロ店主の店の着物を1度も着ていない。

誕生日の日にでも着て出かけようと思う。


また、着物はすっかり着なくなってしまったけれど、壇蜜先生の教え

「羽織るときは1つの動きを丁寧に。」

は、未だに守っており上着やパジャマを羽織るときに実行している。

そして壇蜜先生を思い出し、上着を羽織るときに無駄にクネクネ動いてセクシーに見えるよう心がけているのである。





だんご屋のバイト

高校3年生の頃、だんご屋でバイトをしていた。

このだんご屋は60歳くらいの茶髪の店長と、60歳をすぎているであろう、キビキビしたパートのおばさんと、どんくさい女子高生バイトのわたしで運営されていた。


夕方の5時から7時というたった2時間だけわたしはだんご屋で働いていた。

だんご屋は6時閉店だったので、学校が終わってだんご屋に着く頃には、だんご屋は閉店の準備をする時間であった。

わたしの仕事は、閉店の片付けの手伝いと、6時までにくるお客さんの接客だったのだが、わたしはだんごの値段を全く覚えることができなかった。


いらっしゃいませー!と元気よくだんごを売り、お会計の時には急に挙動不審になり始めるので、キビキビしたパートのおばさんが怖い顔をしてわたしをレジの奥に引っ込めてお会計から交代してくれていた。


お会計ができないなら店頭に立つべきではないのかもしれないが、ミーハーなわたしは花より団子のつくしちゃんのように笑顔で店頭に立ちたかったので、隙があれば店に立ちニコニコしていた。そして会計の度にキビキビしたパートのおばさんに首根っこを掴まれて奥に引っ込められるのであった。


だんごの値段を覚えるのも苦手だったが、もっと苦手だったのはだんごを製造する機械の片付けである。これは1番やりたくない仕事であった。

だんごの機械がシンクにつけてあればありがたいのだが、忙しかったりするとだんごをこねる機械がそのままになっている。

これをある程度解体して、シンクで洗い、また組み立て元に戻すという仕事がそれはそれは大変であった。

だんごをこねる機械は結構な大きさがあり、解体するときはナットレンチを使ってネジを外していた。


このナットレンチもまぁ大きくそして重い。

重い重いと言ってナットレンチを持ち上げナットを外していった。


ナットを外す。



外す。


ナットを外す。



外す。


外す。


外す。


外す。


外す。



「おいっっ!!!あんたどこまで外すんだよ!!!」



茶髪の店長が怖い顔をしてわたしからナットレンチを取り上げた。


「こんな外してどーすんだよ!だんごの機械どーすんだ?壊すつもりか?」



「ごめんなさい。。。」



複雑な機械、一体どこまでをはずしていいのやらさっぱりわからなかった。


それ以降、なるべくキビキビしたおばさんが怖い顔をして5時までの時間にだんごの機械を外し、水につけてくれていた。


またこのだんごの機械。組み立ても厄介なのである。

何がどうなっているのかさっぱりであった。


「おいっ!あんたいつまでネジ回してるんだよ!ネジも回せないのかよ!!」


「こんなどんくさい子初めてだわ。」


「あんた!就職しないほうがいいわ。あんたはさっさと嫁にでもいって、誰かの帰りをニコニコ待ってたほうが向いているわ!」



茶髪の店長の口調はきつく、時には悲しい気持ちになった日もあったが、

この時は、わたし自身も就職は向いてないと思っていたし、わたしもさっさと嫁にいって誰かの帰りをニコニコ待ちたいわ〜と心から思っていたので


「正論!」と思ってニコニコ立っていた。


口調のきつい茶髪の店長だったが、茶髪の店長がきつい口調でネジの回し方を教えてくれおかげで、機械の組み立ては覚えることができ、1人でできるようになった。



相変わらずだんごの値段は覚えられなかったけど、なんとなく仕事もスムーズにいくようになった、だんご屋バイト3ヶ月目。

わたしは受験勉強に専念をするということで、だんご屋を辞めることになったのだった。

それなりに楽しかったし、廃棄のだんごを大量に持ち帰っていたので、辞めるのが忍びなかっただんご屋のバイト。


最終日。だんご屋最後の労働を噛み締めていると、茶髪の店長がわたしを呼び止めこう言った。


「きみさ、本当にどんくさくて、この子社会にでて働けないわって思ってたんだけどさ、なんか一生懸命働いてるし、たぶんね、その姿をみてしょうがねぇなって面倒みてくれる人がいると思う。だから頑張んだぞ」


普段怒鳴ってばかりだった茶髪の店長だが、今日の口調は優しかった。


「ありがとうございます!頑張ります!」


わたしは茶髪の店長に元気よく言った。


まだ社会の荒波に揉まれる前の高校3年生であったが、この時の店長の言葉はわたしの胸に響き、とにかくなんでも頑張ってやろうと誓ったのである。そうじゃないと、わたしは社会にでたら即解雇・即クビ。頑張るはわたし最大の防衛。

この時の店長の言葉をそう解釈した。


そしてさらに店長は、


「あと、あんたさ...榎本加奈子に似てるよ。」



「え?」


急に店長に言われた榎本加奈子


そして


「わたしもそう思ってた。」


と、普段は怖い顔のキビキビしたおばさんがこの時は笑顔でそう言い、わたしに近づいてきたのだった。



「店長....おばさん....。」


わたし、榎本加奈子に似てるのか。この言葉も先程の店長の言葉と同様、胸に響いたのであった。


その後だんご屋のバイトを辞めたわたしは、歯科衛生士学校の進学が決まり、無事歯科衛生士となり、東京までの定期が欲しいという理由で東京の歯科医院に勤務することが決定した。


そして今ではユニット(歯医者の椅子)の調子が悪くなればドライバーをくるくる回してせっせと直すことができるほど、わたしは頼もしくなったのだ。これもあの時ネジの回し方を教えてくれた店長のおかげだと思っている。



就職先が決まってたから、だんご屋に一度挨拶にいったことがある。

その時は店長もおばさんもとても喜んでくれた。


もうそれから10年は、そのだんご屋に行っていない。


茶髪の店長は元気だろうか。


口調はきついが、思いやりのあった店長。


わたしは知っている。おばさんが長時間労働にならないよう、架空の人物を雇っておばさんの払う税金を少なくしてあげていたことを、わたしは知っている。




そして、もう1つ気にかかっていることがある。それは、






榎本加奈子は元気か?ということである。




超普通人間の試み

(介護士の女の子がVICEにでてる!なんでVICE にでることになったんだろう。VICEがクラブで見つけてきたのかな。)

2016年12月。
ニッチな世界の人脈形成は全てクラブでてきていると勘違いしているわたしは、この時VICEのインタビュー記事を齧りつくように読んでいた。
その訳は介護士とVICEにあまり接点を感じていなかったからだ。
しかも介護士のインタビュアーは、バンドでボーカルもやっているらしい。おまけに介護士の仕事もやりたいと思って就いて、さらにやりがいも感じて仕事をしているようであった。とても素敵なインタビューだった。
こんなcoolな介護士を見つけてくるなんてさすがVICEと思いながら、携帯の画面をスクロールしていくと、この企画のインタビューアーの募集に辿り着いた。
自薦他薦は問いません。
なるほど、この子はクラブでVICEに発掘された訳ではなかったということか。

自薦でもいいなら....わたしもやってみようかな!VICEにインタビューなんて生きてて絶対されないだろうし。

「こんなわたしでよかったら是非インタビューアーにお願いします。」

簡単なあいさつを添えて自薦応募したVICEのインタビュー企画。
そしてこんなわたしにすぐにVICEは返事をくれたのであった。
「是非インタビューをお願いします。急で申し訳ありませんが、早速来週か再来週でいかがでしょう。」

トントン拍子で話は進み、応募した翌週にわたしはVICE Japanにお邪魔することになった。
こんなあっさり決まるとは。この企画...人気ないな。

さてインタビューは決まったけれど何を話そう。喋るのはとても苦手なのにどうしよう。ちゃんと喋れるだろうか。
そもそもこのインタビュー企画、わたしは介護士のインタビューを読んで初めて知った企画だったので、まずは他のインタビュアーがどんなことを聞かれ、どんな風に話しをしているのかを確認した。
小さい時の話から学生時代、現在どんなことをしているのかを語り、さらに初恋から初体験の話まで語っている人もいた。

(え?初体験の話まで聞かれるの?介護士の人はこんな話してなかったと思うけど...)

不安だ、実に不安だ。

そしてインタビューを読み漁っていくとたどり着いたのは「くんぺい君」という男の子の記事であった。わたしにとってくんぺい君はかなり強烈であった。

(なにこの変な子....面白い。ていうか超普通人間のわたしがVICEのインタビューを受けてよかったのだろうか....なんか自信無くなるからもう人のインタビュー読むのやめよう。)

自分に自信を失いつつも、インタビューに対する意気込みは十分だったわたしは、次にVICE Japanのインタビュー記事を読み漁り始めたのだった。代表の佐藤ビンゴ氏がどういう意識でVICEを運営しているのか。何を大切にしているのか。様々な記事に目を通し何回も読み込んだ。
くんぺい君みたいに面白い人間では決してないから..せめてなんかVICEが求めているようないいことを言わなきゃ!
わたしは何故か必死だった。
そしてVICEの記事を読み込んだ結果、わたしが重要だと思ったキーワードは「公益性」であった。ただヤバイというだけではなく、より公益性をもつコンテンツの制作にVICE Japanは力を入れているらしい。
なるほど、わかりましたわかりました!わたしの記事も公益性のあるものになるよう、インタビュアーを全うします!
自分で言うのもなんだが、わたしは割となんでも頑張る人間である。ただ時としてその頑張りがズレていることがあり、そしてそのズレに気づくのはだいたい1年くらいたってからである。
さらに、はきはきとインタビューに答えられるようチューヤンに似た彼氏にお願いをして、インタビューの練習も行った。
さぁこれで準備は万端だ!待ってろVICE Japan がんばるぞー!

当日。

仕事終了後、歯ブラシとフロスと職場にあったみかんをリュックに詰めて北参道にあるVICEに向かっていた。

(歯ブラシとフロスは喋ることがなくなったら使おう。歯ブラシの選び方やフロスの使い方は公益性もあるし!みかんは夜食にプレゼントしよう。3個で足りるかな。あぁ緊張するなぁ。)

わたしは緊張と不安と公益性とみかんを背負って地下鉄に乗った。
VICE Japan は北参道から徒歩5分くらいのところにある。
地図の読めないわたしがGoogleマップを駆使しながらたどり着いた先には、白い壁が印象的な三階建ての建物。建物の周りにはお洒落な自転車があちこちに雑に立てかけられていた。このお洒落な建物、もともとはミハラヤスヒロがアトリエか何かに使っていたらしい(わたし調べ)

「この建物一階が底冷えして寒いんだよね。わたし、知ってる。(インタビュー読み込んだから)」

すると男の子人が白い建物のドアを開けてガチャンと中に入っていく姿が見えた。

あ、あそこから入るのか!今人が入ったから間を空けずわたしも入ろう。
小さな白い扉をノックし、ガチャっと扉を開けた。

「すみません。。」

弱々しい声で恐る恐る中を覗くと、

全員が一斉にこちらを向いていた。

(こ、怖い....!)

「はい?」

ヒゲモジャの熊みたいな男の人が立ち上がって、のそのそとこちらへ歩いてきた。

「あの、わたしインタビュー企画で8時半からお約束している者ですが....」

「あぁ、はいはい。そこの椅子にかけて待っててください。」

と言って、熊みたいな男の人は持ち場に戻っていった。

わたしは黒いソファーに腰をかけてキョロキョロしていた。天井がとても高く開放的な建物。なるほど、これじゃ温まらないよね。
二階に続く階段に沿って写真集や本がずらっと並ぶ。めちゃめちゃお洒落であった。
こんな素敵なところが職場だったらいいのに。
憧れのVICE Japanに感激していると

「どうもお待たせしました。」

先程の熊さんとは打って変わって、細く華奢な男性が笑顔でこちらにやってきた。

「さとみこんこんさんですね!はじめまして!今日はよろしくお願いします。さとみこんこんさん、あちらの入り口から入ってきた人はあなたが初めてですよ。」

ん?

「あれ従業員用の裏口だから。」

な!

一斉に浴びたあの視線は従業員口から挙動不審な女が入ってきたからであった。

「す、すみません。入り口がわからなくて人が入っていったところから入ってしまいました。」

「全然、いいんですよー。」

「僕担当する編集の小林です。」

よろしく、と名刺を渡された。

すると、今度はメガネをかけたマッシュルームヘアーの若者が名刺を差し出し、

「編集アシスタントのくんぺいです。よろしくお願いします。」


!!?!

くんぺい君!

「え?え?くんぺい君?くんぺい君ってあの!」

「あ、そうそう、くんぺい。くんぺい初めてじゃない?こうやって声かけてくれた子。」

はいー。とくんぺい君はニコニコしていた。

「くんぺい君のインタビューが強烈すぎて
わたし、人のインタビュー読むのやめましたもん。」

「あはは!面白かったでしょー。俺も面白いなと思って、スカウトしちゃったの。くんぺいはその時はまだ八百屋で働いてたんだもんなー!」

ねー。というようにくんぺい君に話しかける小林さん。

くんぺい君すごい。VICEからスカウトされるなんて。

「でもこうやって声かけられて嬉しいでしょくんぺいー!ちょっとさとみこんこんさんに惚れちゃったでしょー。」

「はいー。」

みんなニコニコしてなんだか和やか空間が漂うVICE Japan。

「さとみこんこんさん何か飲みます?コーヒーとか紅茶とか。」

「あ、ありがとうございます。ではコーヒーを。」

「くんぺい、コーヒー買ってきて!」

はいー!と言って、パタパタ走りながらくんぺい君は外へ出かけていった。

「今日はお仕事の後にありがとうございます。急ですみませんね。」

「いえいえ。サクサク決まったので...やりたい人がいないのかなって。」

「ちょっと(笑)!何いってるんですか!この企画、人気企画なんですよ、倍率100倍くらいありますよ!」

!!?!

ラッキーじゃんか!
1000分の3の確率で重度側湾症になったり、100分の1の確率でVICEのインタビューアーになったり、30分の1の確率で爪切男氏のトークショー小野真弓の写真集が当たったり、わたしは割と当選率が高い。

「失礼しました。あの...何故わたしを...」

「んーと。なんで応募してくれたのかよくわからなかったからです。応募の段階で自分のことをたくさん語ってくれる人が結構いらっしゃるのですが、それだとここに来てお話する意味もなくなっちゃうっていうか。」

「そうですか。」

ここで学んだことは、自分のことを語りすぎるのも良くないんだなということであった。そしてその教えはこのブログでは全く生かされていない。

「買ってきましたー!」

両手にコーヒーを持ってパタパタ走りながらくんぺい君は戻ってきた。

そしてくんぺい君からどうぞといってコーヒーを手渡され、ありがとうございますとわたしは言った。
そしてくんぺい君は、お尻のポケットからミルクとお砂糖を取り出してわたしのコーヒーの横にちょこんと並べてくれた。

「ちょっとくんぺい!レディーに渡すのにお尻のポケットにミルクを入れてこない!」

ごめんなさいね。と小林さんがわたしに誤った。

くんぺい君はすみませんといってぺこりと頭を下げた。

わたしは、全然気にしませんといってヘラヘラしていた。

こんな雰囲気でインタビューは始まった。小林さん、くんぺい君、カメラマンの宮本さんとわたしの4人で雑談をするような形でインタビューは進んだ。

子供の頃のはなし、学生時代、初恋の話、恐れていた下ネタをやんわり交わして、仕事のはなし、彼氏のチューヤンの話、そして、今後の抱負。

「さとみこんこんさん、最後に今後の目標がありましたらどうぞ!」

「医療費の削減です!」(公益性を意識した返答)

「...いきなり何いってるんですか?さとみこんこんさん政治家ですか?国に対して言ってるんですか?」

「はい。医療費の削減に寄与したいのです。国民に予防に意識を持ってもらい、医療費を削減させたいのです。そのためにわたしはここでフロスの使用を勧めます。」

「...........。どうぞ。」

といってわたしはくんぺい君と、カメラマンの宮本さんにフロス指導をした。

フロスをして、うわーきたねーとくんぺい君。

これ、俺やります!と言ってくれた宮本さん。

フロスを輪っかにしてちゃんと歯に巻きつけて!!そうそこで歯に擦り付ける!
と熱血指導をするわたし。

その様子を小林さんはニコニコしながら見守っていた。

そして最後に背負ってきたみかんを3人にプレゼントした。

よく見たらみかんにカビが生えていた。

「あ!!すみません!このみかんカビが生えてる!すみません!」

「カビくらい大丈夫です。お気遣いありがとうございます。」

みかんのカビにも寛大なVICE Japan

わたしはさらにVICEのファンになったのであった。

こうしてインタビューは終了し、正しい出入り口まで3人に見送られ、わたしはVICE Japanを後にした。
公益性を意識したインタビューにもなったし、大満足であった。

そしてこの時の記事はFLOSS OR DIE というタイトルをつけてもらい、2017年の1月にVICEのウェブサイトで公開となった。わたしは自分がVICEに出ている姿をみて、なんだか不思議な気持ちになったのであった。


***

記事が公開した3日後。

わたしは鬱になっていた。

記事がアップされて、燃え尽き症候群になったようである。
またVICEで自分を語ったことで、自分は今まで適当に生きすぎてきたんじゃないだろうか?
と三十路を目前に自分の人生に不安を持つようになってしまったのだ。

歯科衛生士になったのも親が進めるからそーお?と言ってなってしまい、就職先も東京までの定期が欲しかったという理由で決めてしまい、仕事は嫌いじゃないけど熱中するほどでもないし、だからといって特にやりたいこともないし、これといって夢もないし、なんかやりたいなーと思って今まで習い事を5つくらいやってきたけどだいたい1年くらいで全部やめたし。

....わたしって一体。なにがしたいの。

就活中の大学生のような悩みでわたしは落ち込んだ。

VICEの他のインタビュアーの記事は、何かしら目的や夢を持って活動しているようだった。インタビュー時は特に夢などもなさそうなくんぺい君だって、今はVICEで生き生きと働いていている。

わたしはこのまま適当にダラダラ生きてていいのだろうか。
でもやりたいことなんて特にないし。

三十路になって初めて自分がやりたいことについて考えたのであった。好きな物や興味のあることをノートに書き出してはあーだこーだ考えて唸っていた。
そしてわたしが行き着いた答えは、




わたしもVICEで働きたい!

であった。

あんなお洒落な空間でかっこいいメディアに携われたら最高!

自分でいうのも何だが、わたしは単純で影響を受けやすく、ミーハーである。
そして1年くらいたってからあの時の自分バカだなと、はたと気づくことが多い。

そもそもVICEで求人しているのだろうか。
ホームページで求人を確認すると、即戦力のある人を求めていると記載があった。
それ以外で働きたい場合は、インターンという形でアシスタントの仕事をするようであった。

「つまり武者修行ってわけか。絶対的に戦力にはならないから、雇って欲しけりゃアシスタントってことだな。うーん。
貯金を切り崩せば2年くらいなんとかいけるだろう。服もしばらくは買えないだろうし、飲みにも行けなくなるな。まぁしょうがない。」

覚悟を決めた次に、わたしは少しでも役に立つ人間になるよう、勉強することにした。

「やっぱりメディアなんだから言葉をしらないとだめだよね、英語はまず無理だから、頑張って日本語力を高めよう。」

その頃ちょうど腐女子のつづ井さん1を読んでいるときで、つづ井さんが語彙を鍛えるためにラップを作る回を読んでいた。もちろん、影響の受けやすいわたしもラップ作りで語彙の強化に努めた。

「メガネ先輩!わたし今語彙力の強化のためにラップを作って語彙を極めているの。これからラインの返信は全部韻を踏んで返すからね!」

「....了解。」

友人のメガネ先輩にも宣言をし、わたしはこの日からラップを作り始め、極力韻を踏んだ。
そしてチューヤン似の彼氏にも、ラップが完成する度にラップを聞かせていた。チューヤンは上手上手と聞いてくれた。

また、チューヤンに「ラッパーはみんな辞書を持っているらしい。」
と言われれば、辞書を買いにジュンク堂に行った。しかし辞書も色々あり、どれを買ったらいいのか悩んだ挙句サンキュータツオの辞書の選び方という本を買ってしまい、辞書選びの勉強も始めるようになった。

(辞書も奥が深いなぁ。ほんと人生って日々勉強だな。ラップも作らなきゃいけないし。)
目標を見つけたわたしは奮起していた。

そんなある日、相変わらずラップづくりと辞書の勉強に精をだすわたしにチューヤンが表情を変えずにこう言った。

「あのさ。ラップもいいけどさ、本当にVICEで働くつもりなの?」

「そうだよ、わたしは本気だよ。」

「あのさ、本気ならやり方間違えてない?本気ならさ、編集の人にはやく連絡しなよ。どんな仕事内容なのか、とりわけ不足してる部署はあるのか聞いてみなよ。」

「何言ってんの?そんなの迷惑だよ!小林さんは忙しいの!」

「え?よく考えて。そんなこと言ったら面接官にも迷惑になるから面接受けれないってことになるよ?あっちだって求人が欲しいから出してるんだよ?本当に探してたら答えてくれると思うけど?しかもあなた内部の人と面識があるのに、そこを使わないでどうするのよ。」

「えー恥ずかしい」

「何言ってんのあんな顔出ししてインタビューでてるくせに。」

相変わらず表情を変えずにチューヤンはわたしを諭した。

チューヤンに後押しをされ、わたしは小林さんに、胸の内をメールで送ってみることにした。

実は歯科衛生士をやめてVICEで働きたいと思っていること、入ってどんな仕事をするのか、とりわけ人がいない部署があるのか、やる気は十分だけど、歯科衛生士として働いてきたわたしにできることがあるのか悩んでいるのでヒントが欲しい。

というような内容をメールした。

すると、

「ご興味を持っていただき本当にありがとうございます。求人してますよ!詳細は以下です。
でも、アシスタントは「若い奴!やる気のみ!」みたいなほぼ無給のインターンスタイルです。
なのでさとみこんこんさん、将来のこともよーく考えて、チューヤンとよーくお話されて考えたほうがいいですよ。
わからないことはどんどん聞いてください!」

と、小林さんから返信がきた。

優しい。


優しいよーーーーー。


わたしは涙を浮かべて感動した。

VICE優しいよーーー!

そしてなんでも聞いていいよという優しい小林さんに、一体いつまでアシスタントなんでしょうか、勤務時間は?など心配に思っていることを返信した。


翌日

「さとみこんこんさん。ちょっと人事の人に確認してみたのですが、季節柄もう一杯ですとのことでした。せっかくご興味もってくれたのにすみません。でもでも今後ともお付き合いくださいませー!季節の変わり目です。お体に気をつけて。」


完。


え?終わっちゃった!わたしの就活終わった!!

返信のメールからこいつ覚悟ねーぞというのがバレてしまったようだった。

「終わったーーーー!」

三十路は就活に失敗して泣いた。

「残念だったね。でも良かったじゃんはっきりして。」

ドンマイとわたしに声をかけたチューヤンの表情は相変わらず変わらなかった。

「VICEで働くことが決まったら自転車通勤だって思って、自転車で北参道まで行く道のり調べてたのに...。」

「諦めよう。」

「ママチャリじゃかっこ悪いから新しい自転車買おうって思ってたのに。」

「....新しいの買えば?」


「先輩に仕事やめようかと思ってますって今日言っちゃったのに。」


「.........。」

チューヤンの表情は相変わらず変わらなかったが、変わらないかわりに何も言わずこちらをジッと見ていた。

危うく職なしになりそうな場面に遭遇しつつも、翌日主任でもある先輩にわたしは謝り、残留に成功。今もその職場で元気に働いている。

VICEで働く夢は叶わなかったが、

「メディアを自分で作ったらどうだろうか。VICEみたいな公益性を意識したメディアを。あと今までの経験が活かせるものにしてみよう。」

ということで、誕生したのがフロスの情報サイト「FLOSS OR DIE」である。VICEでつけてもらった記事の名前をそのまま(勝手に)受け継ぐ気持ちでこのサイト名に決めた。

さらに、

「わたしの記事人気ない!くやしい!苦労してるのに!何がいけないんだ、反省会開いてください!社長!」

「色々言わなくていいので次の記事を書いてください。」

雇ってくれる媒体にも巡り会い、ますます忙しい毎日である。本当に忙しい、だけど楽しい。日々勉強だ。武者修行だ。
まさか自分が、おはようからおやすみまで文章を書くようになるほどハマるとは思わず、人生は色々やってみるもんだと思った次第である。これからもヤリマンの如くいろんなことに突撃して行こう思う。

そして願わくば....どうか1年後、書くことに飽きていませんように!

わたしは自分に祈りを捧げている。


おっさんの話

危機管理能力が欠如しているのか、わたしはまぁまぁ変な人に遭遇しやすい。

最近の話だと
「ナンパとかじゃないんで話を聞いてもらえますか。」
と仕事の帰り道におじさんに声をかけられた話がある。
なんだなんだと話を聞いてみると、
「僕は人体のパーツをごにょごにょ.....」
と声がデクレッシェンドしてしまったので、何を言ってるのかちゃんと聞き取れなかった。
おそらく人体のパーツをどうにかしている人物ということはわかった。小さい声でブツブツとまだ説明をしていたが、よく聞こえない。若干の好奇心からもう1度最初から言ってくれ!とダ・カーポを期待したが、
よく見るとおじさんの目が死んでいたので「ごめんなさい。用事があるので。」と言い、わたしはアッチェレランドな足取りでその場を去った。


話は変わって。
これは高校生の時の話だが、おのぼりさん状態でラフォーレ原宿に1人で行った際「ちょっとお話いいですか?」とラフォーレ内でおじさんに声をかけられた。雑誌の占いページを担当しているというおじさんであった。

「キスマーク占いという占いページがありまして、星座の横にその星座の女性のキスマークを乗せているんです。あなたの唇の形のサンプルを取らせてくれませんか?5000円あげます!この台紙にチュッとしてもらえばいいので。」

5000円もくれるの!?マクドナルドで7時間労働してやっと5000円くらいなのに、チュッの1秒で5000円もくれるの!?労働って何なんだろう!!
高校生のわたしの心は揺らいだ。

「結構多くの女性にご協力いただいてるんですよ。これはご協力いただいた方のキスマークです。」

台紙には、赤のキスマーク、ピンクのキスマーク、小さい唇から大きい唇まで様々なバリエーションのキスマークが付けられていた。
(みんなやってるんだ。それなら大丈夫だろう。)

「わたし、やります!」

高校生のわたしはラフォーレ原宿で元気よく返事をした。
まんまと引っかかったバンドワゴン効果。地方の女子高生はちょろかった。
「じゃあこっちに来てください。」とおじさんはわたしを人影のない方へと誘導した。

しかし人影の無いところで「実はもう一つやることがあって、キスマーク占いは、キスマークの横にこの唇の人のキスがどんなだったかを僕が感想を書いているんです。つまり....」と薄ら笑いをしてきたため

「わたし、辞めます!」

と、得意のアッチェレランドな足取りでラフォーレ内を逃走。
東京はおっかないと目に涙を浮かべながらも、電車賃払ってここまできたんだという意地で地方の女子高生はラフォーレ原宿に残留。買い物を続行した。幸いその変態に2度と会うことはなかった。

そして3人目は、もう一度会いたいと思わせる変なおじいさんの話である。

おのぼりさんからおマセさんに成長した19歳のわたしは銀座の中央通りを1人で歩いていた。
たぶんみゆき通り手前くらいだったと思う。
そこで初老に話しかけられたのだった。

「きみ、ちょっと。」

基本的にはお年寄りには優しい私ですから、何ですか?と足を止めた。

「ここは人の邪魔になるから端によって。」

中央通りの端の方へと誘導され、おじいさんはそのまま話をした。

「僕ね、基本的にはいつも車で移動してるんだ。運転手がいてね、いつもあっちだこっちだ連れまわされるから疲れちゃって。だから車から降りてちょっとゆっくり歩きたかったんだ。あとね、君みたいな普通の女の子と話がしてみたくてね。普通の女の子がいいんだ。」

「はぁ。」

「10分僕とおしゃべりしてくれたら、100万円あげる。」

「はぁ。」

「嘘だと思ってるよね。まぁね、そうだよね、じゃあね...見せてあげるから。」

といって、初老は財布から分厚い札束を取り出して、銀座の中央通りでわたしに札束を見せつけてきたのだった。

「!!!?!!」

わたしは初めて見る札の束に驚いた。

「わ、わかりました!わかりましたから早くしまってください!しまって!しまって!」

「はっはっはっ。」

初老は上機嫌だった。

「でもわたし...そんな大金いただけません。だから...いいです。」

19歳のわたしはピュアだった。今だったら「わ!太っ腹!OK、前払いでお願いします!」とノリノリで言うだろうが、19歳のわたしは違う、今は亡きピュアな心の持ち主なのだ。

初老もピュアなわたしを気に入ったのか、
「大丈夫、心配いらない。あげるって言われたものはありがたくもらわなきゃ。いい子だね君は。さっきのお嬢さんたちなんか、10分間話をしてくれたらバックを買ってあげる。っていったら喜んでおしゃべりしてくれたよ。2人いたから2人にバック代を渡して、ブランド物のバックを買っていたよ。君だけにしているわけじゃない。」

またでてきましたよ、バンドワゴン効果
しかしこれにより19歳の心はちょっと揺らいだのです。

「僕ね普段は森ビルの会社の偉い人なの。ほらね、名刺みて。」

「だから君みたいな普通の女の子と喋る機会なんてないの。わかるでしょ?」

この初老の言ってることは嘘なのか本当なのか。よくわからなかったが初老は淡々と話を続けた。

初老とお喋り10分100万円の話だったか、商談成立もしていないのに20分は初老の話を聞いていた。もういいからさっさと金をくれ。とも思わなかったのがピュアな19歳のわたし。

とにかく初老の話を聞いて、タイミングを見計らって立ち去ろうとしていた。

「おじいさん。やっぱりわたしは100万円は受け取れません。ごめんなさい。」

「何を言っている!あげるって言われたら素直に受け取ればいいんだ!」

「受け取れません!」  

「遠慮しないで!」

「受け取れません!」

「うーん。金額が少ないのかな、わかった。300万だしてやろう!!」

「さ、300万円も受け取れません!100万円でいいです!」

こうして交渉は成立した。
受け取れないと言いつつも、あの時みた札束が忘れられない。札束から逃れることはできなかったピュアな19歳。

「ここは人目も気になる、お金のやりとりもあるし、もっとビルの奥で話をしよう。」

初老に連れられ、ビルの奥の方へと入り込んだ。

100万円...何に使おう。
10分100万円。1秒5000円からの大出世だ!

ところが
「10分おしゃべりして100万円って言ったけど...キスもしてくれないとあげない。」

と初老がほざきだしたのだ。

しかし、ありがたいことにわたしには1秒5000円の仕事で免疫がついていた。
今回は動揺することなく、きっぱりと、

「お話はいいけど、キスはイヤです。」

とじーさんに伝えた。

すると初老は、

「じゃ。いいや、君じゃなくてもいいから。ばいばい。」

といって解放されたのであった。

この時は、得意のアッチェレランドな足取りが登場することもなく、
わたしはトボトボ銀座の街を歩いた。
ピュアな19歳の頭の中は札束でいっぱいになっていたのだ。
これで良かったのだろうか。我慢すればあの札束はわたしのものになったのではないだろうか。
30歳になった今でも、あのときの100万円が忘れられない。
10分100万円、10分100万円、10分100万円

わたしは株に手を出し始めた。
おのぼりさんから、おマセさん、おっさんへとわたしは進化している。




ロマンスは突然に

今年の桜は綺麗だった。穏やかな天候が続き、桜の開花から雨の日が一度もなかった東京の桜はとても綺麗だった。

3月最後の日曜日、わたしは一人で散歩に出かけた。
歩けば少し汗ばむくらいの快晴。心地よいそよ風が吹いて、お花見にぴったりな陽気だった。

ふらふら街を歩いては、気になるものを写真に収めてみたり、初めてみる野良猫に声をかけてみたり、知ってるようで知らない道を歩いていく。

この街に越してきて4年目。4回目の春を迎える。

4年過ごしていてもこの街の知らない道や場所があるもので、家から20分程歩いた所に寂しげな公園を発見した。


立派な桜の木が一本、公園の彼方此方に点在する丸椅子、少し狭い砂場、カエルの遊具はペンキが剥げて溶けたカエルみたいだった。

その公園にはわたし以外、誰もいなかった。

ここに来る前に通った公園は、多くの人が花見を楽しんでいた。シートを敷いてお年寄りが談笑していたり、若者達が笑顔でお酒を飲んでいたり、子供が紙飛行機を飛ばしたり...
その光景を見て、平和だなぁと染み染み感じた。

一方こちらの公園は同じように綺麗な桜の木があるのに、人も集まらず寂しげなのは何故だろう。
不気味な表情の溶けたカエルのせいだろうか。

せっかく見つけた公園だし、ちょっと休憩していこうかな。

彼方此方に点在する丸椅子から1つ選んで腰を掛けた。
青空に満開の桜のピンクが生えて美しい。
心地よいそよ風に紛れて、時々強い風がビューと音を立てて吹いた。

貸切の公園でお花見なんて贅沢だな。いい休日。
読書でもしようかな。
誰もいない桜の咲く公園での読書。趣き深いではないか。

わたしは使いすぎてクタクタになったトートバッグから  腐女子のつづ井さん3  を取り出した。

誰もいない公園で読むつづ井さんは良い。
表紙にカバーがついていなくても、堂々と読めるから。

彼氏がいないのに、彼氏がいると想定して彼(架空)と過ごしたクリスマスを演出、さらにその時に彼(架空)からもらったクリスマスプレゼントを持ってきてみんなで交換する。
というクリスマス会の話に没頭した。

「クリスマスの日の服装は、清楚さを意識したアイボリーのワンピース。と見せかけて背中のフックは首元で留めるタイプ、ファスナーは随分下まで下がります。つまりこれは誰かに脱がせてもらうための服です。」

なるほど....彼のため(架空)に徹底した服装選び。流石Mちゃん。(Mちゃんはつづ井さんの友人。)
同じ姿勢で真剣に読み進めるわたしに太陽の日差しがジリジリと照りつけた。

「熱っ!」

と顔を上げたその時、

彼はいたのだ。


8メートルほど先の丸椅子に腰を掛けた男性。
お洒落な自転車と相性の良い素敵な服装をしている彼は、お洒落な自転車を丸椅子の横に止め、携帯をじっと見ていた。


貸切の公園に突如現れた彼。


わたしは目線の高さに固定していた 腐女子のつづ井さん3 をばっ!と膝の上に乗せ表紙が見えないようにした。



....いい男じゃないの!



公園にはわたしと彼の2人きり。春のロマンスは突然訪れた。


(いつからいたのだろう。全然気づかなかった。こんなことがあるならつづ井さんじゃなくて村上春樹とか読んでいたかった...)


2人きりの公園は妙に静かで、聞こえてくるのは時々ビューと吹く強い風の音。

(ちょっとでもこの情景に合うよう雰囲気だけでも美人を装おう。)

わたしはそこそこ長い自分の髪を、できるだけ左に寄せた。
これで「5秒でできる、即席中村アンのかき上げセクシースタイル」の完成だ。

表紙と顔は絶対に上げてはいけない。常に下向きを心がける。

足はどうする?組むか揃えるか?中村アンなら組むだろう。でも組んでる女は偉そうに見えるからNG!と雑誌に書いてあったぞ。え?どっち?

とりあえず、足首の位置で足をクロスさせてみた。

即興で作ったわたしの演出は、

「控えめな中村アン、桜の咲く公園で村上春樹を熟読。」

である。

とにかく知的を演出させるために一切本(腐女子のつづ井さん3)から目を離さない。
いい男は見るな!自分に言い聞かせる。

(中村アンならこのシチュエーションでターザンの服を着ていただろう。いやここは清楚系の後ろにファスナーのついたワンピースがよかっただろうか。ノースフェイスのジャンパーだもんなぁ...まるでエロがない。)

(ていうか全然話が頭に入ってこないぞ!)

腐女子のクリスマス会を数分前まで熟読していた集中力は、いい男に全部持っていかれてしまった。いい男は世界を救う。

あ、また余計なことを。
とにかく任務を全うしようと、目だけでもいいから本を読み進め、村上春樹を読んでいるように詐った。


するとである。


ざっ、ざっ、ざっ、


強い風の音しか聞こえない静かな公園に砂利の上を歩く音が聞こえる。

ん?足音?

でもわたしは村上春樹を熟読中。わたしは村上春樹を熟読中。顔を上げたら負けだ!

ざっ、ざっ、ざっ


近寄る足音。


まさか....いい男が...


(待って!近寄らないで!つづ井さんが....見えちゃう!)


控えめな中村アンの演出を打ち切り、わたしは顔を上げた。すると、


「!!!?!!」


両手を上げてiPadで桜を撮影するおばさんが立っていた。


(い、いつのまに!!!)

それからおばさんは、わたしの周りをぐるっと一周するように、桜の花、公園の様子、わたしの背後に咲いている白い花を撮影していた。

(パーソナルスペースを超えている!!!)


ヘアースタイルだけは中村アンなわたしが不安そうな表情でいると

いい男がむくっと立ち上がり、お洒落な自転車にまたがって、そして去っていった。


「!!!?!!」


あの人は、公園に一体何をしにきたんだろうか。

(も、弄ばれた!!!)


悲壮感漂う中村アン。その横を

ざっ、ざっ、ざっ

と砂利を踏む音をたて、おばさんも公園を去っていった。


(え?いっちゃうの?)


いってしまった。2人ともいなくなってしまった。


そうしてわたしはまた1人になった。

また1人になってしまったわたしであったが、何か右手に感触を感じた。



右手をあげた。


!!


アリがのぼっていた。


(アリ!!)


アリを見たのはひさしぶりだった。

一瞬久しぶり!な気分になったが、されどアリ。

わたしは右手をブンブンしてアリを振り払った。


「!!!?!!」

噛まれた


(アリ!!!!!)


ロマンスは突然に。
そして桜が散るよりも早くわたしのロマンスは散ったのだった。


私今年の夏はターザンの服を買おうと思います。