英語の勉強

下に住むインド人家族とは仲良くなり、近くの公園で1歳の息子と4歳の相手の子どもが一緒に遊ぶようになった。相手のお母さんもその娘も日本語がほとんど話せないので英語で会話をしている。今のところ私の英語レベルでは会話にならないのだが、相手のお母さんが好意的で一生懸命聞いてくれるので、なんとか成り立っている。覚束ない会話から女性が6年間日本に住んでいることがわかった。母国語の他に英語も話せるバイリンガルだが6年間住んでいても日本語は習得していないようである。なんとなく海外に住めば現地の言葉が話せるようになると思いがちだけど、そんなこともないようだ。彼女は日本にきてから1度も仕事をしていないようなので、日本語を話す必要性もなかったのだろう。「もううちらは赤ちゃんじゃないんだから言葉のシャワー浴びているだけじゃ英語は身につかないんだよ!」これはフワちゃんが言っていた言葉なのだが、現地に行って過ごしているだけでは言語は習得できないんだなとフワちゃんの言葉で気がつき、インドのお母さんと話をして実感した。逆に言うと日本で主婦をしながらでも努力をすれば言語は習得はできるはずなので頑張ろうと思う。どこまで話せるようになるだろうか..今度インドのお母さんに暇な時うちでランチしようと言うつもりである。

初めて予約をして今日、オンライン英会話を受講する。前回お願いした先生だ。ポーランド人の金髪の23歳の青年である。腕から肩まで刺青が入っており前回その刺青を褒めたところ「和彫なの〜!」とニコニコしながらjapanese tattooの分厚い本を見せてくれた。このやりとりから、そう言えば昔の意中の相手は「hangover」と手の指の第二関節に刺青をしている人だったなと思い出した。

また彼は私の歯をパーリーホワイトだね!と言って褒めてくれた。パーリーホワイトという表現が新鮮で気にいった。いつかホワイトニングの施術をした患者さんに綺麗になりましたよ、パーリーホワイトです!といって声をかけてあげたい。

この青年とは気が合いそうなので、私は和彫の青年にしばらくレッスンをお願いすることを決めた。これから予習をする。

 

 

英会話を始めた

下に住む外国人と仲良くなってご飯の交換がしたいと思ってから、私は英語の勉強を始めることにした。

今までも「英語を勉強しよう!」と張り切ることは何度もあったのだが、だいたい3日くらいで挫折をしていた。どうして英語の勉強が続かないのか自分なりに振り返ってみたところ、まず目標設定がだいぶぼんやりしていたことが原因だと分析。英語喋れたらいいな〜くらいの気持ちでは継続は難しいのだと思う。その点からすると今回はかなり目的が明確になっているので頑張れそうな気がしているし、事実今のところ暇をみつけては勉強にとり組んでいる。最近は英語の夢までみるようになった。(英語を喋ろうとして挫折する夢)

そしてこれが大問題。そもそも私は英語だろうがなんだろうが人と話をするのが苦手なのであった。人と話すのは好きなのに、話をするのは苦手なのだ。

以前こんなことがあった。25歳くらいの時に日本に滞在している外国人とばかり遊んでいた時期があるのだが、そこで知り合うほとんどの外人は日本語が話せたので英語を話したいという気持ちがあったもののついつい日本語で会話をしていた。ところがある日ダンスの勉強に日本にやってきたタイ人のキミコは日本語が話せなかった。ちなみにキミコとは日本のダンサーにつけられた日本での名前らしい。

「キミコは日本語がわからないから英語で話そう」

そう言って皆は英語で会話をはじめた。人と話すのも苦手、その上英語もできない私は終始黙っていたところキミコに

「間違ってもいいから話をしないと、そうじゃないといつまでも英語が上達しないよ」

と言われたが、話たくても言葉もでてこないのでずっと黙っていた。だからか知らないが、後日キミコにフェイスブックの申請をしても友達になってもらえず、悲しい気持ちになったことは今思い出しても心が痛む思い出である。

仕事を辞めた今では家族以外と会話をしないため特に拍車がかかったように思う。コロナ自粛中に開催されたオンライン飲み会では冷や汗をかきながら知人と日本語を話ていた。

もう英語以前におしゃべり教室にでも通った方が良さそうな気もするが、そんな私なんとオンライン英会話をはじめたのであります。

フワちゃんのYOUTUBEを見ていたらcamblyというオンライン英会話の案件をやってて、興味を持って登録。私の長所はやる気と勢いです。

 ただフワちゃんに乗せられて登録してしまったのかと思ったら大間違いで、もともとオンライン英会話に興味があったのもそうなのだが、24時間対応、予約がなくてもレッスンができることが1歳の子育てをしている身でも続けられそうだと思ったのと、レッスン時間が15分から受けられるので外国人と対面15分ならなんとか頑張れそうな気がして登録することにした。週1回15分のプランで割引率をアップさせるために1年間の契約をした。月額2000円くらいの計算である。

 講師は英米国を中心にほとんどが母国語が英語の先生で、老若男女ラインナップは幅広い。特定の人にレッスンをお願いすることもできるのだが、私は英語だけじゃなく人に慣れる訓練もしているので今はいつも違う講師にお願いをしている。レッスンは録画されており、レッスン中にわからなかった言葉や自分の発音などをチェックすることができる。復習にとても役に立つ。

初めてオンライン英会話を体験してビデオで復習をした時は本当にショックだった。画面上でクネクネしながら「ナイストゥミィチュー」とモジモジしている自分を直視できなかった。こんな奴フェイスブックで友達申請がきても拒否である。

英語云々の前にクネクネするのをやめよう。そうして私は次のレッスンからは意識的にクネクネしないように気をつけた。背筋を伸ばして上半身を固定させてレッスンに取り組んでいる。ビデオで確認しているが今のところはクネクネせずに「くっじゅースピークモアスローリー?」を連呼している。

勉強してもいざ話をすると言葉が出てこないし何を言っているのかわからないことばかりで黙りたくなるが、そんな時はキミコの「間違ってもいいから会話しないと、そうじゃないといつまでも英語が上達しないよ」の言葉を思いだす。挫けそうにもなるが、車の運転と一緒で英語が話せることがつくばの生活をより豊かにすると信じているので頑張って習得したい。秋からは教習所も行かないと....

 

http://cambly.com/invite/Q9P5AYET?st=082820&sc=4

 

もしcamblyに興味があってやってみたい人がいたらこの紹介コードを使ってください。

10分間の無料レッスンが受けられます。そして私は5分間の無料レッスンが受けられます。ありがたいです。

 

 

引越した

引越しをしてから2週間が経った。まだたったの2週間ではあるけど、もうすでにつくばの生活が気に入り、身内も友人もいない土地だけど思い切って引越しをして良かったなと思う。

家は前より随分広くなった。前の家は33平米で風呂もトイレも一緒で風呂はバランス釜で洗濯機は外で4階まで階段だった。最初は風呂のタイルかわいい!バランス釜ウケると古いことに新鮮味を感じて喜んで住んでいたけれど、子供が生まれてこのぼろ家どうにかなんないかなと不満ばかりが募るようになった。ずっと引越しをしたいと思っていた。だけど前住んでいたエリアは風呂トイレ別で洗濯機は中で南向でベランダにシーツが干せて独立洗面台があってエレベーターがついててそこそこ広いよ!という物件は家賃14万は覚悟だった。家賃払ったら終わっちゃうよ、どうしようと本当に悩んでいたから保育園や職場を辞めて晴れて地方に引越しができて本当に嬉しい。東京の家賃は高すぎる。

今の家は56平米くらいあって上記全ての要件を満たしており家賃は63000円になった。家の周りは自然が溢れていて、家の前によくカブトムシが落ちている。犬が喜んで走り回れるような公園があちこちにあり、道路の遊歩道も木々に囲まれており清々しい。早速自転車を購入してサイクリングをしている。

 

独立洗面所になったら音波ブラシを買うんだと以前から張り切っていた。前の家は洗面所に音波ブラシを置くスペースがなくて、部屋に置いておくのも嫌だったから買わなかった。引越し祝いだと思い、引越しの日に音波ブラシが届くように注文した。今回購入した音波ブラシはソニッケアーの2016年モデル・ダイヤモンドクリーンホワイトHX9308/00 なんでこれにしたかというとも強弱が選べるタイプだったと思ったからなのだが、選択できるのはモードだけで振動の強弱は調整できないタイプだった。間違えてしまったが、とりあえずこれを使っている。2週間使ってみての感想は、もっと患者さんに音波歯ブラシ進めてあげれば良かったなということだった。今まで別に音波ブラシをあえて勧めなくても良いと思っていたけど、今は違う。手で磨くよりもよく磨ける。もちろん当て方にコツがあるし、その人の歯並びや歯茎の状態によっては手で磨いたほうがいい場合もあると思うけど、タバコを吸う人やコーヒーが好きで茶渋がついてしまうような人には効果を実感してもらえると思う。あとよくムシ歯になる人とか。歯がツルツルになって、歯に艶がでる。でも音波ブラシでは歯と歯の間まで磨けないから必ずフロスは併用して使ってる。でも別にソニッケアじゃなくてももっと安くて良い商品がある気がするので、試しにもう1台気になる商品を買ってみようかなと思っている。ソニッケアは替えブラシも高いし、もっとリーズナブルなのが良い。アマゾンにソニッケアの偽物ブラシも売っているみたいだけど、毛が抜けるとか評判はいまいちだった。ちなみに今使っているブラシは商品にくっついていたホワイトプラス(旧ダイヤモンドクリーン)のスタンダード。夫にはこのミニタイプを買って使ってもらっている。ヘッドが小さいほうが奥まで当てやすいので。

 

同じマンションにインド系の外国人家族が住んでいる。息子と歳の近い可愛い女の子も住んでいて、数回マンションですれ違い日本語で挨拶をした。ある日洗濯物を干しているとスパイスのいい匂いがしてきた。たぶんその家族の朝御飯の匂いだったと思う。インドのご飯が食べたい。おかず交換がしたい。そこでこの家族とお近づきになるために英語の勉強を始めることにした。以前から定期的に英語を話したい欲が訪れては英語を勉強しようと思って挫折を繰り返していた。でも今回は「マンションに住むインド系のご家族と晩御飯交換がしたい」という明確な目標があるから大丈夫な気がする。英語を身につけるには、生活の中に英語を落とし込んでインプットアウトプットしていくことが大事なような気がしているので、好きな英語の歌を歌えるようにすることから始めた。今はサンダーキャットのDRAGONBALL DURAGを練習している。練習を初めて5日くらいでまだ半分くらいしか歌えないけど、今のところ毎日歌っている。毎日毎日きつく抱きしめてよ!一晩中愛し合おうよ!ところでドゥーラグ似合ってる?と言いまくっている。サンダーキャットが歌えるようになった暁にはセックスアンドザシティのオープニングにサラジェシカパーカーがブツブツ言う真似をできるようにするという課題を設けている。

 

 

引っ越すその2

引っ越しという引っ越しをするのは今回が初めてだ。今の家に越す前は家族と実家で暮らしていて、結婚前に夫と住むにあたりこの家に引っ越しをした。家具などは持たず、少しの荷物と自転車を父親のトラックに乗せて越してきた。なので引っ越し業者に頼み、暮らしを丸ごと大移動する本格的な引っ越しは今回が初めてだし、その上小さい子供もいるので無事に引っ越しができるのか不安であったが、引っ越しまで数日だというのにこうやってブログを書いているので時間的にも心情的にも結構余裕がある。

 引っ越し業者は夫がインターネットで3社ピックアップし、1社はネットの見積もりのみ、あと2社は訪問見積もりをしてもらいそこからそれぞれの会社に値下げを交渉して1社に絞っていた。私はこういう比較検討したり交渉したりすることが苦手ので夫を尊敬する。ネット見積もりの会社は断トツに安くて2tトラックでの引っ越しが3万円代だと言っていた。電話した時の応対も良かったとのことだが、安すぎるしインターネットだけの関係にいささか不信を抱く妻が気に入らず、ベラボーに安い会社はなしにした。訪問にきた女性がハキハキしていて良かったのでそこにした。「うちの会社は顔は期待できませんが、みんな正社員でベテランだから引っ越し作業が早いし丁寧です!」女性のこの文句が良かった。もう1社は社長自ら見積もりに来たのだが「うちの人間は正社員ではありませんが、作業には慣れてますし、まぁ、結構早いと思いますよ」自分の会社の従業員を人間というところが気に入らないし、自信を持って作業が早いと言い切らない自信のなさも気に入らないし、自信がないのに香水だけはくさいところがもっと気に入らなかった。社長から負のオーラも漂っていたし、この会社は即ボツであった(私の中で)

色々女性と交渉した結果、2tトラックの引っ越し+大きなテレビ代の処分を税込5万円でお願いできた。これが安いのかよくわからないが引越し作業も安心してお願いできそうだし良かったと思う。

引越し業社が決まり、たくさんのダンボールが自宅に届いたのが引越しの3週間前。子供が昼寝をする2時間程度が引越し準備となった。1日2箱ずつくらい詰めていたらなんか結構余裕で作業が進んだ。もしかしたら前日あたりに不詳の事態が発生するかもしれないが、多分なんとかなると思う。このまま何事もなくことが進んで欲しい。

 

姉のスキャットマン・ジョン

よく「貯金をしなさい」と親に言われて育ち、従順な子供であった私は目的もなく素直に貯金をしていた。下の妹はもっとその気持ちが強く、その結果「趣味貯金」みたいな子供に育ち、未だ嘗てこれにつぎ込むみたいなお金の使い方をしていないように思う。ところが同じ姉妹でも1番上の姉だけは違かった。姉は小さい頃から物欲が強く、よくお金を使っていた。カードキャプターさくらに凝った時は漫画を全巻揃え、さくらちゃんのカードを集め、なぜかタロットカードまで買ってタロットの勉強をし始めていた。ピスタチオにハマった時は姉を見かけるたびにピスタチオを割って食べていたので姉の肌はどんどんブツブツになっていったし、大人になってからも海外に住みたくなったと言うと突然仕事を辞めてカナダに旅立つなどと自由気ままに生きていた。彼女は行動するにあたっての後先のことや支出をあまり考えないようでよく金欠にもなっていたが、学生の頃は親の500円貯金からこっそりお金を盗んだりして凌いでいる様子であった。

そんな姉の金銭感覚を貯金を推奨する親は許さなかった。

ある日、当時小学校3年生の私と6年生だった姉は友人と友人のお母さんと一緒に少し遠くのTSUTAYAに出かけた。姉も私も大きなCDショップに行くのは始めてで、CDがたくさん並ぶTSUTAYAの店内に夢中になっていた。店内をウロウロし、知っているアイドルのアルバムを見つけては値段を確認すると、だいたいどれも3000円くらいの値段であった。当時私の月のおこずかいが300円くらいだったので、欲しいけどちょっと高すぎるとすぐに諦めた。ところが半分不貞腐れた状態の私にもぴったりのCDが見つかった。当時大好きでよく見ていたウリナリで活躍していたポケットビスケッツの3枚目のシングル「red angel」がリリースされていて、500円で売っていたのだった。ポケットビスケッツは好きだし、何より身の丈にあった値段だからこれならお母さんにも怒られないだろう。私は意気揚々と縦に長くて赤いジャケットのポケットビスケッツのシングルをレジに持っていった。このred angelのシングルは私が人生で初めて買ったCDとなった。

満足のいく買い物ができ嬉しい気持ちでいると、店の中で姉とすれ違った。姉になにか買うのかと聞くと「これだよ」と見せてくれたCDにはシルクハットを被ったヒゲのおじさんが写っていた。値段は多分2500円くらいだった。姉が誰だか知らないおじさんの高いCDを買おうとしている。絶対に怒られると思い、やめなよと止めた。しかし姉は「いいんだよ欲しいんだから」といってハットのおじさんのアルバムをレジに持っていったのだった。

姉は自分のお小遣いでスキャットマン・ジョンのベストアルバムを買った。試聴して気に入ったからなのか、私が知らないだけで姉はスキャットマンの存在をどこかで知っていて気に入っていたのか、何故姉がスキャットマン・ジョンのアルバムを買ったのかは今でも知らないのだが、突然出かけることになったTSUTAYAで姉はスキャットマン・ジョンをサクッとお買い上げしたのであった。

帰宅すると、読み通り姉は母親にめちゃめちゃ怒られていた。なんで月のおこずかいの何倍もするアルバムを平気で買ってきたのか。もともとすごい好きでお金を貯めてやっと買ってきたアルバムならわかる。あんた違うでしょ!と誰だかよくわからないおじさんのCDを買ってきた姉のことをすごい叱っていた。母はちょっと欲しかったからと言う理由でポンと高額な買い物をしてきた姉の姿勢を怒っていたのだと思う。さとみこんこんはいい。身の丈にあったCDをちゃんと選んでいる、ところがお前はどうだ!と何度も似たようなことを言われて姉は叱られていた。だから言わんこっちゃない。お姉ちゃん利口に生きなきゃ、と思いながらしたたかな小学校3年生の私はめちゃめちゃ怒られている姉の横で黙って座っていた。

日本の一般家庭でボロクソに言われた姉のスキャットマン・ジョンだったが、翌日から我が家ではピーパッパッパラッポと陽気な音楽が鳴り響いていた。軽快なビートに乗せてスキャットマン・ジョンは早口ことばで何語でもないことばを歌っていた。それを姉妹でマネをして遊んだり、あぁ、このおじさんはプリンのCMの歌のおじさんだったのかと気づきを得たりした。

それから数ヶ月たっても我が家ではピーパッパッパラッパのメロディーは鳴り止まず、我が家のテーマソングなのかなと思うほど毎日のように流れていた。この毎日のように流れるスキャットマン・ジョンを聴き込んでいるのは親に叱られて意地になっている姉ではなく、あんなに怒っていた母親だった。母親はスキャットマン・ジョンの何語でもない音楽にのせて洗濯や掃除に励んでいた。「姉は音楽のセンスがある」「この歌のここのコーラスが最高なんだよ」と姉とスキャットマンでもなんでもないコーラスの女性を母は笑顔で褒め称えていた。

 その後も姉は怒られても怒られても懲りることなく、思いのまま物欲のまま行動していた。その甲斐あってなのか、姉は自分の好きなものが明確だし、自分に似合うものを選ぶセンスが姉妹の中ではピカイチである。若い頃は物欲の塊で散々お金を使い、時に人のお金を盗んでいた姉だが、今ではすっかり落ち着いた様子で「今は欲しいものが特にない。人にプレゼントをするのが楽しみ」と言ってよく家族みんなにプレゼントをしてくれる。今年の私の誕生日には特上馬刺しの詰め合わせを送ってくれた。

子供にお金の大切さを教え慎重に使わせることも大切だが、子供のうちに無一文になるまでお金を使ってみるといった経験も同じくらい大事なことのように思う。大人になってからはなかなか無一文になるまでお金を使うという経験がしづらくなるからだ。自分の子供にはお小遣いを使いきって好きなものを買ったり後悔する経験をさせてあげたい。金欠で時に親の財布からお金を盗んでも大目に見てあげよう。

そうして子供が大人になったときに「今は欲しいものが特にない。人にプレゼントをするのが楽しみ」と言って家族にプレゼントをするような大人に育って、親にたくさんプレゼントをして欲しい。したたかな私はそう思っている。

 

 

わんわんが好きな息子

1歳の息子は動物が好きで特にわんちゃんがお気に入りである。実家に帰ればチワワがいるのだが、実家の犬は臆病でよく吠えるし私にすら懐いていないので息子に触らせることができない。それがわからない息子は笑顔で突進し誰かしらに阻止されるので、その度に泣いたり怒ったりしている。

息子に犬を触らせてあげたい。しかし残念なことに我が家はマンション住まいだし、動物を飼う余裕もないのが現状である。なるべく好奇心の赴くままに行動し満たしてあげたいと思う親心。わんちゃんと触れ合ってほしい...

そんな思いから母親は散歩中にでかめの独り言を言うようになった。

「わんちゃん!わんちゃんだよ!」「かわいいわんちゃん!」「綺麗なわんちゃんだね!」

この独り言は抱きかかえる子供に語るように見せかけているが、標的は散歩中に出くわす犬と飼い主である。私の見解では犬が好きな人は子供も好きな傾向が高く、だいたいの飼い主は「あらかわいい赤ちゃん」と私のでかめの独り言を拾って返してくれる。ここで素通りしたり距離を取られる場合は関わって欲しくない飼い主である。おぎやはぎの小木は以前ラジオでこう言っていた。「ドックランに行くと他の犬と飼い主が寄ってくるのがいや。俺は自分の犬以外可愛くないし話かけてほしくない」こういう考えの人がいることを私はメガネびいきからちゃんと学んでいるから大丈夫。そもそも触って欲しくない飼い主もいるし、うちのチワワみたいに噛み付く犬がいるのも知っている。

犬と飼い主と私と息子。全員が気分良くコミニュケーションが取れる状態であることをでかめの独り言から判断しているのだ。晴れて犬と飼い主からのお触りOKの承諾を得ることができた時に、息子とわんちゃんをご対面させていただいている。もちろんわんちゃんにも息子にも飼い主にも負担がかからないように謙虚に触らせてもらっている。

f:id:satomiconcon:20200710055830j:plain

f:id:satomiconcon:20200710055423j:plain

 

f:id:satomiconcon:20200710055513j:plain

 そんな母の路上ゲリラコミニュケーションの甲斐あり、顔なじみのわんちゃん猫ちゃん(猫は見るだけ)は増え、すばるくんとさくらちゃんに至っては家まで押しかけている(ミニチュアダックスフンドの親子)

家まで押しかけるといえばミーアキャットのカップルも忘れてはいけない。散歩コースにミーアキャットが二匹住んでいてほぼ毎日ミーアキャットの様子を見に行っている。大きな窓のお宅に住むミーアキャットは、よく大きな窓際に置かれた猫用クッションに寛いで外を眺めている。時には二匹が身を寄せ合って重なっていてかなり可愛い。その様子を息子と観察している。

ある日。「ミーアキャットさーん」とでかめの独り言を言いながら大きな窓に向かって手を振っていると「こんにちは」と背後から家主と遭遇するという不測の事態が発生した。人様の家の前をジロジロ見ていたことに後ろめたさがあった私は振り返り、速やかに頭を下げて謝罪をした。すると「良いんですよ良いんです。いやもっと近寄って見てってください。なんなら玄関前の階段登って良いですし。写真もとって良いですから」家主は思いの外非常に低姿勢で対応してくださった。その後ミーアキャットは人懐っこいこと、子供を産んでほしいのだがなかなか上手くいかないことなど家主とミーアキャットトークに花を咲かせた。さすがミーアキャットを多頭飼いする器のある人は懐も広いんだなと関心し、翌日早速敷地内に侵入し出入り口の外階段を登ってミーアキャットのアップの写真を撮らせていただいた。そしてその後も通いつめ、ミーアキャットのお宅にはなんと毛のない猫も飼っていることを知るのであった。

息子はこの街で人間のお友達は一人もできなかったが、すばるくんやさくらちゃん、妊活中のミーアキャットカップルなど多数の顔見知ができた。近所の動物たちと触れ合い着実に犬猫交友関係を広めて行ったためまじかに控えた引越しが悲しくて仕方がない。次の街ではどんなお友達ができるだろうか。とりあえず近所の公園にはカルガモがいるとの情報を入手したので楽しみである。

 

 

 

やる気みなぎる都知事選の投票

都知事選に行くことは決めていたが誰に投票するか決めておらず、なんとなく小池さんがいいかなぁと思っていた矢先、インスタグラムで「今回の都知事選小池さんに投票する人はなんで投票するのか教えてほしい」という書き込みを見て、そういえばなんでいいなって思ったのかと自問自答した。インスタグラムで書き込んだ人は「公約をほぼ果たせていないのに自分は投票したいとは思えない」というようなことを発言していて、確かに約束が守れなかった人を何故自分は応援したいと思うのかと悟り、今回の選挙について調べてみようと思い立ったのであった。

まず選挙についてわかったことは、自宅に投票所整理券がないということであった。もう届いているものなのだろうか。もしかしたら捨ててしまったのだろうか。選挙は明後日だというのに...

次にわかったことは自分が1番候補者に関心を持つことができる媒体は政見放送ニコニコ実況コメント付き)だということであった。実況コメントがついてないものも見てみたのだが、付いていないと集中できなかった。これは自分的にすごい大発見で、何故かニコニコ実況コメントが付いていると選挙に興味を持つことができるのであった。私がどのくらい興味がわくかというと、晩御飯の時に「ニコニコ実況コメント付きの政見放送youtube見せてほしい」と夫に頼むほどである。そこから気になった立候補者のことはネットで調べたり、選挙活動の動画を見たりした。たぶん自分史上最高で立候補者のことについて詳しくなったと思う。今回はいつもより投票に自信を持つことができる気がしている。